3年働いてから転職では遅い!転職市場のウソ情報

さも常識のように語られる3年勤務

 「転職したくなっても3年は働いたほうが良い」そんな話を聞いたことのある人は少なくないでしょう。しかし、その根拠はほとんどありません。実は、この話はほとんどウソなのです。もちろん3年勤めたほうが良い転職ができるケースもありますが、現在ではほとんどの企業は3年勤めなくとも転職市場では需要があるのです。

3年ルールが適用される転職

 この3年勤務のルールが適用されるのは専門的な知識が要求される場合だけに限られます。現場作業での勤務や資格を用いた勤務といった業務経験が絶対に必要とされる場合に限るのです。そのため、ほとんどの仕事では3年働いても働かなくても転職市場での価値は変わりません。むしろ、年齢が若ければ若いほど可能性が広がるので、転職したいと思い立ったのであれば転職に踏み切ったほうが良い場合の方が多いです。

転職市場を読んで転職しよう

 3年ルールのような噂のような話は転職市場にいくらでもあります。しかし、実際に転職するのはあなた自身なのです。転職面接ではどれだけその企業で働きたいかということや、なぜ転職したくなったのかといった基本的な質問が中心になります。転職市場のニーズに沿った受け答えができれば必ず評価はされるのです。転職したいと思ったら迷うのも良いですが、転職活動からでも始めてみてはいかがですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>