af0100000705l

転職活動で面接の服装の重要性

私は今まで、社員やパートの転職活動を経験して来ました。
その中で感じたのは、面接時の服装選びに大切なポイントがあることに気づきました。

以前は、とにかくリクルートスーツを着て面接に行くのが、社会人としての常識と思っていました。しかし、最近の傾向では違うのです。
例えば、私の失敗例で病院の厨房のパートの面接に、スーツで行ったところ、他の面接者は皆さん普段着できており、スーツの私は周囲で浮いてしまいました。

[お役立ちサイト]
xn--eck7a6cz61o4x4agtzagdv.net
人気転職サイト
人気の転職サイトのクチコミや感想を掲載しています。特徴も書かれてあるので、転職サイト選びの参考にしてくだい。

この時の失敗を元に、次にレストランの厨房パートの面接は普段着で行き、合格しました。また、その職場で働いていて、後日面接にスーツで来る人がいると、「職種間違えてない?」と従業員が話しているのを聞き、やはり職場によっては、一緒に働く仲間として雰囲気の合う人を選ぶので、服装をきちんとしすぎても、敬遠されてしまう事があるのを確信したのです。

現在は、スーツを着て面接に行き合格した総務職についており、面接者を迎える立場となりました。もちろん、服装が全ての採用基準ではありませんが、短い時間で初対面の人を見極める為の手がかりとして、その印象を左右してしまうと思うのです。