点々とした職歴の場合どうしたらいいか

短期間の職歴を繰り返しているケースの転職活動の注意点

 短期間の派遣やバイトなどばかりやり、点々としている場合には、面接の場では不利になりやすいものです。不利とまでは行かない場合でも、優遇はされないというケースが多いです。職歴が短く転職回数が多い場合は、面接で納得の行く志望動機を話さなければなりません。また、これまで何故、浅い職歴を繰り返してきたのか、ということも説明を求められる場合もあるので、前向きな納得の行く理由が必要になります。

自分だからこその強みをはっきりとさせる

 短い職歴を繰り返した中からでも、必ず身についたことや、得た知識などがあるはずです。経験値もあがっているはずです。逆に言えば、より多くの業界やより多くの職種を経験したことで、勤続年数の長い人よりも、何か良いところが一つくらいはあるものです。例えば、新しい職場に点々とすることは、度胸がなければできません。慣れない環境に次々と飛び込めることは、度胸があることにもなるし、人によっては、肝が座っているとも言い換えることができるかもしれません。このような性格は、転職先の職種によってはアピールになることだってありえます。

 転職回数が多いからといって、すぐに終了してしまう面接にならないようにするには、自分だからこそ、という強みを面接官の納得のいく回答を用意していくことで、良い展開となる面接になる可能性も十分にあるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>