af0100003769l

好きな分野に就職しないと後悔して転職することになる

 私が、就職した頃といえば、バブルの絶頂期でした。

 東京の大学で一緒だった友達は、みな名の知れた一流企業に採用されました。業界1位や2位の会社ばかりです。

 私は、どうかというと、やはり誰もが知る世界的電機メーカーに入社しました。しかも、コネだったので就職活動はしていませんでした。

 要するに、何がやりたいとかもなく、何もしらべず、適当に入った会社が超有名企業だったのです。ですが、働いてみてわかりました。

 もっとちゃんと就職活動をして、会社や仕事に関して、自分できちんと考えるべきだったと。入った職場は、男社会。自分は、毎日お茶くみコピーとりです。

 そんな生活に嫌気がさして、5年勤めて、結局転職しました。次は、自分が好きな分野の職場です。縁あって、旅行の仕事につくことができました。

[参考ページ]
IT 営業 求人
ITの分野でも営業の仕事の求人情報を多く扱っている。IT営業のアドバイスをしており、求人サイトも公開している。
xn--it-ub3c18y9s0akzd.net

 はっきり言って、前の職場よりも仕事量は多いし、責任もありました。お客さんにクレームをつけられることもありました。でも、やりがいはありました。

 毎日残業でも、全然嫌じゃありませんでした。転職してよかったと心から思いました。好きな事を仕事にできる幸せを感じました。